アルスラーン戦記

アニメ comments(0) trackbacks(0) parity
カテゴリーをコミックにすべきか小説にすべきか悩むところではありましたが。

アニメ化なのでアニメで。

というわけで、荒川版アルスラーン戦記のアニメ化が正式決定しました!
最新版の別マガにも掲載されてました。
詳細は次号とのことですけど。
つか情報解禁祭り!とか言われると直継なにやってんのとか言いたくなるじゃん…。(?)

それにしてもアニメ化と言っても、荒川版アルスラーンはコミックスでもまだ2巻しか出ていないんですよね。
雑誌分を集めてもせいぜい3巻分までしか溜まってないような気がする。
原作でもまだまだ初期。
ようやくファランギースが合流したあたり。
どこまでアニメ化するのかわからないけど、もうちょっと原作溜まらないと大変な気がしますね。
原作があるのだから荒川アルスラーンの絵柄で先に進むという手もあるけど、荒川先生の解釈というか描き方がけっこうおもしろいので、荒川先生のコミカライズをもとに製作してほしいと思うんだけどなあ。
その荒川先生がご家庭の事情であまり筆を進めることができなくなってる、というのを以前読んだけど、今はどうなっているのだろう。
そうそう簡単に大丈夫になるとも思えないから、まだ状態的には変わってないような気もするけど。
うーん。

アルスラーンは以前もアニメ化していて、神村幸子さんの美しいキャラデザで制作されてました。
最初は劇場公開で2作、続いて4作OVAで発表されていて、征馬孤影まで作られていたけど、角川お家騒動のせいで中断した、みたいな流れだったかな。
角川お家騒動はいろんな作品をポシャらせましたよね…。
最近海外版のDVD-BOXを入手して鑑賞しましたが、なんとゆーか映像は美しかったんだけど、幻想的というかドリーミーなイメージ映像が多くて微妙にわけのわからない箇所もありましたね。

コミカライズはけっこう前に中村地里先生の作画で、今は亡きASUKAファンタジーDXで連載されてました。
第一部まで完了していたような気がする。忘れてしまったけど。
少女漫画家さんなので綺麗な絵柄だったけど、あまり迫力がなかったと思います。(すいません)(まあ少女漫画家さんなので…)

今回のコミカライズは荒川弘先生の絵柄で、画力も迫力もありそうだけど、正直美人描けるんだろうかと心配だったんですよね。
だって原作からして美男子美女満載で、そもそも挿絵が天野義孝画伯の美麗イラストだったんだもんね。
実際に漫画化されてみると、美男子美女だらけというわけではないけど、美人はきっちり美人に(王妃は実に美しかった)(ファランギースも美女で良かった)、男性はたくましく、また綺麗な人もきれいに描かれていたので安心しました。
なんといっても子供たち(アルスラーンとエラム)がかわいいし!
そして戦闘シーンは勢いがあるし迫力もある。
絵柄的にもっさりした感はぬぐえないけど(すみません)、それはそれで味がある。
だからこそ楽しみなので、焦らないでじっくり描いていってほしい作品です。
アニメも1期2期と間が空いても良いから続いてほしいなー。
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM