パーソンオブインタレスト!!

海外ドラマ comments(0) trackbacks(0) parity
シーズン3放映中ですけど…。 号泣しました。 ああ…。 なんか今回やばそうとは思ってたけど、毎回乗り越えてきてるし。 とは思ってたんだけど。 今回は特にフラグっぽいなあとは思ってたけど。 以下ネタバレ隠しです。
カーター! 刑事さん…!!! 恋人を殺され、HRについてずっと探っていたカーター。 平警官に降格させられて、パトロールの相棒にHRのスパイを付けられてどうするんだろうと思ったら。 そのスパイも自分がやばいものに加担してるんだとわかってからはカーターの言うことを聞いてきてしました。 それが前回銃撃戦で死亡。 犠牲を追加しながらも襲撃者からHRのボスの正体を知り、それが死んだ恋人の名付け親と知って怒り心頭。 リースくんの協力のもとついに捉えてFBIへと輸送中、HRの襲撃によりモルグへ逃げ込む。 そのころフィンチがマシンから受け取った次の番号は、なんとリースくん。 図書館に閉じ込めているルートは、リースが死ぬとフィンチが悲しむので、マシンと自分が仕組んだわけじゃないという。 一方頼みの綱のファスコ刑事もHRに捕まり、HRにとって必要なものの隠し場所を聞き出そうとひどい拷問を加える。 たった一人の息子のもとにHRが現れ、殺すと脅すことで、隠し場所を言うファスコ。 でもそれはフェイント。大嘘だった。 怒ったHRがファスコと息子を殺すことに。 殺す前に電話で息子と会話させられるファスコ。 電話口でおびえる息子に「大丈夫だ、父さんがついてる。目をつぶっていれば大丈夫だから」と泣きながら語り掛けるファスコ。(泣いた) 電話の向こうで銃声が…! 絶望に打ちひしがれるファスコの耳元から「大丈夫、息子は無事。無事じゃないのはHR」と言うショウさんの声。 さすがショウさん、きっと息子が狙われると思って待機していたのだ! ファスコの気持ちを考え、息子を優先した、助けに行けないことを謝るショウさん。いい人だ。 それに対して涙を流して感謝するファスコ。 頭に向けられた至近距離の銃口。 だが、骨を折られたことで手の拘束を自力で解き、反撃して一気に相手を倒すファスコ。 すげえファスコ。やっぱ強い。 そしてリースたち。 絶体絶命か! 愛する人を失い死地を求めていたとき、チンピラとのケンカで警察に捕まってカーターに救われた、とキスをするリースくん。 …いや救ったのはフィンチじゃね?と思ったんですけどね。まあムードの問題ですか?つか愛情表現が唐突すぎてびっくり。 これがフラグだと思わざるを得ないですよね…。 カーターを欺き一人で外に出て、敵をひきつけつつ一人一人倒していくリースくん。 このあたりさすがですが。 建物の外に出たところを狙い撃ち…される瞬間、建物の配電盤をいじったフィンチにより警報が鳴り、リース反撃! そこへ警官隊が現れ、リースを拘束する。 フィンチは無線で「NYにいる数少ないまともで真面目な警官をなんとか探して呼んだ」と告げる。 つまりHRの息がかかっていない、ある意味現在一番安全な場所(カーターたちとは違う署の拘置所(笑))へと移送されることに。 カーターはHR首謀者をFBIへ連れていき、HR幹部逮捕。 マシンの表記ではHR残りはあと2%。 このわずかな残りが、カーターを狙いファスコを過去操っていた男・シモンズだった!! カーターは元の刑事に戻る。 フィンチは拘留されているリースへ弁護士が保釈請求を出しているので、迎えに行ってほしいと依頼。 そしてカーターはなんと推理のみで、フィンチが政府の情報を盗んで事件を前もって入手するスーパーコンピューターを作ったことを言い当てる。 驚くフィンチ。マシンこそが政府の情報を作り出しているのだけど、内容的にはおおむね合っている。 カーターを初めて「ジョス」と名前で呼ぶフィンチ。 これまでは刑事さん呼ばわりだったのに…。 リースを留置所から出して外を歩くカーターたちへ、迎えに来たフィンチが近づく。 そのフィンチの横で鳴り出す公衆電話。(すなわちマシンからの番号案内) カーターたちの前に現れるシモンズ。 手には拳銃。 撃たれるリースとカーター。 弾丸はリースの脇腹、そしてカーターの胸へ。 リースは拘留中に銃を取り上げられ、武器がない。(これはあからさまな前ふりでした) なんとか反撃したカーターに肩を撃たれて逃走するシモンズ。 カーターは「タイラー(息子)に会わなきゃ…伝えなきゃ…」と言いつつ、リースの腕の中で息を引き取る…。 うわあああああああ!! カーター死亡!うわわ! ここまでシーズン1からずっとレギュラーだったのに。 シーズン1終わりでリースの正体を知り、シーズン2からは全面協力してくれてた仲間だったのに…。 リースくんにキスされたりフィンチに仲良し認定してもらったり、いろいろフラグは立ってたけど。 だがしかし。悲しい!!泣いた!なんてこと…。 しかしこれで警察関係者での協力者がファスコのみになってしまった…。 他に誰か参加するんだろうか。 しかしカーターはこれまでの経緯というのもがあって、リースがフィンチに力を貸すときからの協力者だったのであって…。 茫然と立ちすくむフィンチの横で最後まで鳴り続ける公衆電話の音が印象的…。 知らせようとした番号はたぶん…。 ここまで入らなかった次回予告復活。 カーターの葬儀、復讐に走るリース。 だが復讐へ向かったのはリースだけじゃない。 復讐でいろんな人が動くけど、シモンズ一人に大人数というのも謎。 HRは本当に瓦解したのだろうか。 というか二丁拳銃のルートが気になるんですが。 フィンチがカギを開けて出している様子も映るから、ルートを認めたということかな。 気になる!気になりすぎる!! パーソンオブインタレスト3北米版の予約が開始してたから購入しましたけど、届くのまだまだ先だわー。 気になるー! しかしやっぱりマシンにとってやっぱりフィンチこそが特別なんだと思う。 ルートのことは気に入ってるみたいだけど、ルートの意思とは別に独自でフィンチに危機を知らせようとしてるし。 ルートにだけ連絡を取ってサポートしてるのは、フィンチに以前くぎを刺されたからだろうし。 むしろルートを使ってフィンチを護ってる感。 そうなるとルート仲間入りもあり…なの? ショウさんよりはるかに危険なんですが。 どうなのだろう。 一応ルートは前もってフィンチに危機を知らせてはいたけど。 フィンチの作品ってマシンでもリースでもなく、カーターのことだったのか。 しかし前回まではあきらかに敵意があって挑発してたしなあ。 つか怖い女性ばっか増えていく…。
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM